印章の歴史~古代~

世間ではハンコそのもののことが印鑑と呼ばれていますが、実はハンコそのものを正しくは「印章」といい、「印鑑」は印章で押された印影のことを指します。印章の歴史は古く今から7000年以上前、メソポタミア地域のシュメール人が発明したものが印章の原型といわれています。以来、ユーラシア全域から中近東、ヨーロッパ、中国、日本に広まっていきました。当初は護符=お守りのひとつだったものが、次第に契約の証や所有権のしるし、品質保証を兼ねたブランドマークとしての意味合いも強くなっていったのです。

紀元前3000年ごろの古代メソポタミアの印章は水晶や大理石、貝などで作られた円筒型で、表面に彫った文様を粘土の上で転がし財宝や貴重品を封印するために用いられました。古代エジプトではスカラベ印章が出現、「スカラベ」とは黄金虫のことです。太陽の化身とされ魔除けの意味もあり、首からぶら下げたり指輪のようにはめたりしました。

インダス文明では四角いスタンプ型で象形文字と動物や一角獣、神などが彫られており、主に商取引で使用されました。今から約2200年前の中国、秦の時代は始皇帝のもと文字の統一がおこなわれ印章の彫刻の基本である「篆書体」が作られました。漢の時代になると、印章は官職の地位や権力を表す象徴となり諸国の王にも贈られます。天明4年(1784年)に北九州より出土した「漢委奴国王」の金印もそのひとつで、光武帝から日本に授けられたものです。